臨終直後にしなければいけないこと

大切な方がお亡くなりになり、ご遺族としてはとてもつらい心境だと思います。

しかし、ご遺族にはご臨終直後に決めなければいけない、多くのことがあります。

すぐに決める、それは出来ない、でも、時間は待ってくれません。

一般的に病院で亡くなった場合、2〜3時間位内に病院から退院しなければいけません。

退院するまでに決めなければいけないことは以下のことです。

故人がお帰りになる場所

  • 故人を安置する場所になります。
  • 一般葬や家族葬いづれの場合でも、故人を安置する場所が必要になります。
  • ご自宅に安置できるのであれば、ご自宅で良いかと思います。おそらく故人は自宅に一番帰りたかったと思います。
  • ご自宅が不可能であれば、式場を借りなければいけません。

搬送する業者

  • 安置する場所まで搬送しなければいけません。
  • ご遺族の車で搬送することもできますが、一般的には業者(葬儀社)に依頼します。
  • 病院で斡旋してくれるところもありますが、昨今ではほとんどが遺族が探さなければいけません。
  • 搬送を依頼した場合でも、必ずしも葬儀を依頼しなければいけないことはありません。
  • 想創では全国の搬送だけのご依頼でも承っております。

安置が出来ましたら、枕飾りをします。

その後、葬儀の段取りとなりますが、この後は葬儀社と交えての打合せとなります。

この時点で、葬儀社を必ず決めなければ、先には進めません。

非常に短時間での決定となりますが、冷静になってお決め下さい。

※想創では事前相談をおすすめしております。相談だけであれば無料ですのでお気軽にご相談下さい。

フリーダイアル

 臨終直後に決めること

  • 葬儀日程
  • 式場
  • 寺院などの宗教者
  • 葬儀の規模(一般葬、家族葬、直葬)